毛周期とは

MENU

毛周期はムダ毛の生え変わりのサイクルです

『デリーモ(deleMO)』は、ムダ毛の自己処理用の脱毛スプレーですが、ムダ毛の自己処理とか、脱毛について考えるなら「毛周期」については理解しておいた方が良いです。

 

毛周期は、体毛の生え変わりのサイクルのことです。

 

ムダ毛の自己処理とか、脱毛サロンでの脱毛施術とかは、この毛周期に合わせて行われるので、毛周期はムダ毛の自己処理とか、脱毛について考える際の基礎知識として重要なんですね。

 

毛周期を図解

毛周期

毛周期は、基本的に3つの時期に分かれます。

 

・成長期(成長初期を別に分ける考え方もあります)
・退行期
・休止期

 

こちらの図では、成長初期と成長期を分けたものになっていますが、ムダ毛の自己処理とか、脱毛を考える上では、基本的にまとめて「成長期」と考えて大丈夫です。それぞれの時期について説明します。

 

成長期

成長期(せいちょうき)は、体毛、つまりムダ毛が成長してきて、毛穴から露出。目で見て確認できる時期です。

 

ムダ毛の構造で考えると、毛幹があって、毛乳頭から毛母細胞が栄養を受けている時期と考えても良いです。ムダ毛の自己処理とか、脱毛を考える上では、成長期がもっとも重要な時期です。

 

とくに医療脱毛クリニックでレーザー脱毛とか、脱毛サロンで光脱毛とかの脱毛施術を受ける場合には、照射した光の熱が、ムダ毛を伝って毛乳頭に伝えられることになります。脱毛施術は、成長期のムダ毛に対してしか効果が無いと言われるのはこのためです。

 

『デリーモ(deleMO)』のような脱毛スプレーを使って自己処理する場合も、ムダ毛が目で見えている状態である必要があります。つまり、ムダ毛を自己処理する時にも、成長期の必要があるということになります。

 

退行期

退行期(たいこうき)は、体毛が毛乳頭から栄養を受け取れなくなり、成長が止まって抜け落ちていく時期です。

 

退行期では、体毛と毛乳頭が直接つながっていないために、脱毛施術は効果がありません。自己処理は、完全に抜け落ちる前なら可能ですが、待っていれば自然に抜け落ちるムダ毛でもありますので、あまり意味がありません。

 

休止期

休止期(きゅうしき)は、次の成長期に向けて、毛根の組織が休んでいる時期です。休止期は、そもそもムダ毛が目に見える状態にありませんので、脱毛施術も自己処理もできない時期ということになります。

 

毛周期があるから脱毛には時間がかかるんです

毛周期には、成長期・退行期・休止期の3つの時期があるということは、全身のムダ毛で目に見えているもの(成長期にあるもの)は、最大でも、全体毛の3分の1だけということです。

 

そのうえで、ムダ毛の自己処理とか脱毛施術は成長期のムダ毛にしか効果が無いわけですから、すべての体毛が毛周期を一巡しないと、理論的に脱毛は完了しないことになります。

 

このため、脱毛サロンとかの脱毛施術が完了するまでには一定の時間がかかってしまうんですね。全身脱毛の場合で言うと、2〜3年は脱毛サロンに通うことが必要になってきます。

 

脱毛サロンに通っていても、2〜3年は自己処理が必要と言うことですね。『デリーモ(deleMO)』のような手軽に使える脱毛スプレーは、脱毛サロンに通っている間の自己処理にも最適なんじゃないかと思います。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!