光脱毛とは

MENU

光脱毛はエステ脱毛で行われる脱毛施術方法

光脱毛

光脱毛は、エステ脱毛(脱毛サロン)で施術されている脱毛施術方法です。

 

現在主流となっている脱毛施術方法は、ニードル脱毛レーザー脱毛、光脱毛の3つですが、このなかでは最も新しい施術方法です。

 

脱毛効果を得る原理は、レーザー脱毛と基本的に同じで、照射した光の熱を、ムダ毛のメラニンを介して、毛根部の毛母細胞・毛乳頭に伝えて、その熱で細胞の働きを弱めるものです。

 

レーザー脱毛と違う点は、出力が強いレーザー光では無く、一般的な可視光線を照射することです。そのため、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略で、IPL方式と呼ばれることもあります。

 

フラッシュ脱毛という呼び方をされることもありますが、これも光脱毛と同じ意味です。

 

光脱毛は、基本的にレーザー脱毛から発想を得て発明されたものですので、その特性は良く似ています。日本では、2000年代中盤から広まり始めました。

 

光脱毛が脱毛業界に与えた影響

光脱毛の影響

光脱毛の登場が、美容脱毛業界に与えた影響は大きかったのです。脱毛施術の価格破壊を引き起こしたんですね。光脱毛が登場する前は、『脱毛=高価!』というイメージが定着していたんです。

 

光脱毛は医師法で規定された医療脱毛の枠外に存在するもので、医療機関でなくとも取り扱うことができます。医療脱毛がどうしても一定の施術料金となってしまうのは、医療機関としての水準を満たす必要があるからです。

 

光脱毛を行うには、医療器である必要は無く、運営のコストを大幅に下げることができます。このため、多くの新規事業主が脱毛サロン事業に参入し、価格競争が激化しています。

 

一部では安全性の問題なども生じている反面、美容エステから発展してきた洗練された顧客サービス、お客さんに快適に過ごしてもらうという姿勢が脱毛業界にも取り入れられました。価格面だけではない、プラスの部分も多くあるんです。今では、医療脱毛を行うクリニックの多くは、脱毛サロンを意識して、顧客サービスの向上に努めています。

 

光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは、基本的には施術価格が安いことです。

 

光脱毛を採用するエステ脱毛、脱毛サロンは、運営コストを低く抑えることができるため、キャンペーン価格などは非常に格安に設定することができます。

 

レーザー脱毛よりも弱い出力の光を用いることで、肌の負担が少ないことがメリットになる場合もあります。痛みが少ない、というのはその代表的なものです。

 

脱毛施術のときの痛みは、光を照射したときに発生する熱が原因ですので、熱量が少ない光脱毛は、レーザー脱毛よりも痛みが少ないのです。

 

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、脱毛効果に限界があることで、レーザー脱毛では可能な「永久脱毛」は、光脱毛では実現できません。

 

エステ脱毛、脱毛サロンでちゃんと説明しているところは少ないのですが、光脱毛の場合は、個人差はありますが、ムダ毛は必ず再発してくるものと考えておいた方が無難です。

 

衛生面、安全面での体制が事業者任せになっていることもデメリットになる可能性がある部分です。光脱毛を行うエステ脱毛、脱毛サロンの場合は、より慎重にサロン選びをする必要があります。

 

各脱毛処理方法の比較まとめ

ニードル脱毛 レーザー脱毛 光脱毛
(+)脱毛効果は最も高い (+)脱毛効果は高い (−)脱毛効果は限定的
(+)永久脱毛が可能 (+)永久脱毛が可能 (−)永久脱毛はできない
(−)非常に高価 (+/−)ある程度高価 (+)安価に施術可能
(−)非常に痛い (+/−)ある程度痛い (+)痛みは少ない
(備考)医療脱毛 (備考)医療脱毛 (備考)エステ脱毛

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!