ホルモンバランスの重要性

MENU

ムダ毛の発生とホルモンバランスの関係

ホルモンバランス

ムダ毛の発生と、ホルモンバランスは密接に関係しています。

 

この場合のホルモンバランスとは、男性ホルモンと女性ホルモンの割合のことですが、体毛の発毛に深く関わっているのが男性ホルモンです。

 

一般に、男性は女性よりも毛深い人が多いのですが、これは男性ホルモンの働きによるものです。

 

ストレスなどの影響でホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンの比率が高くなると、ムダ毛が普段よりも濃くなってきます。

 

でも、脱毛について、ホルモンバランスを考えるとき、男性ホルモンを減らせば良いと考えるのは間違いなんです。男性ホルモンは、体毛、ムダ毛の発育だけでなく、筋肉や骨格など、身体の発育を支えている重要なホルモンです。

 

男性ホルモンを減らすのではなく、女性ホルモンの分泌を活発にすることを重視しましょう。女性ホルモンの分泌を活発にすることによって、相対的に、女性ホルモンの比率が高くなるようにしていくのです。

 

ホルモンバランスを整えるには

イソフラボン

ホルモンバランスを整えるには、イソフラボンを積極的に摂取することがおすすめです。

 

イソフラボンとは、主に大豆などに多く含まれる物質で、女性ホルモンに非常によく似た働きをする物質です。このため、イソフラボンは植物性エストロゲン(女性ホルモン)とも呼ばれます。

 

イソフラボンは脱毛関連の用品にも、実は多く配合されています。

 

脱毛石鹸とか、抑毛ローションといった、肌に触れることでムダ毛の発生を抑える効果を持つ製品には、必ずイソフラボンが配合されています。こうした製品は、イソフラボンを配合することで、女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを改善することでムダ毛の発生を抑えることを目的としています。

 

イソフラボンは食品からも摂取できますので、ムダ毛が気になるなら、積極的に取り入れるようにしましょう。

 

大豆イソフラボンを多く含む食品

食品 1食分の目安 イソフラボン含有量
納豆 1パック(50g) 65.0mg
大豆飲料 125ml 69.0mg
豆腐 1/2丁(110g) 55.0mg
油揚げ 1/2枚(75g) 52.5mg
大豆煮 50g 30.0mg
きな粉 おおさじ1(6g) 15.6mg
味噌 おおさじ1(18g) 7.2mg

 

イソフラボンは大豆に多く含まれるものですから、日本の伝統的な和食に多く含まれているんです。イソフラボンの摂取量は、1日50mgぐらいは確保したいものです。

 

1日一食、大豆を使った和食を食べるようにすると、無理なくイソフラボンが摂取できると思いますので、ムダ毛を抑えたい!脱毛したい!という期間は、とくに注意すると良いと思います。

 

規則正しい生活習慣も忘れずに

ホルモンバランスが崩れる原因としては、過度のストレスや、喫煙、飲酒などの影響が大きいとされています。心身共に健康で規則正しい生活を送ることが、ホルモンバランスを整える基本なんですね。

 

脱毛に限らず、美容全般に言えることですが、結局のところ、美容と健康の基礎として一番重要なのは『規則正しい生活習慣と、適切な食事』です!

 

ちょっと面倒と感じてしまうかも知れませんが、脱毛しながら心身ともに健康になることができるチャンスと考えて、前向きに生活習慣も見直してみると良いと思います。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!