埋没毛の危険性

MENU

毛抜きでの自己処理は埋没毛の危険性が大きい

埋没毛

埋没毛(まいぼつもう)は、埋もれ毛(うもれげ)とも呼ばれるもので、ムダ毛の自己処理に伴って発生するトラブルの代表的なものです。

 

ムダ毛の自己処理方法のなかで、毛抜きを使うのはできるだけ避けた方が良いことを説明しました。というのも、毛抜きを使うことで埋没毛が発生してしまう危険性があるのです。

 

埋没毛は、毛穴から体毛(ムダ毛)が出てくることなく、皮膚の中で毛が成長してしまっている状態のことを指します。

 

本来、体毛(ムダ毛)は毛穴から生えてくるものですが、毛抜きで無理やりムダ毛を抜くと、生きた毛根ごと引き抜かれてしまい、毛穴全体が傷ついてしまいます。傷ついた毛穴を修復しようとする身体の働きで、かさぶたのように毛穴がふさがってしまうことがあるのです。

 

毛穴が傷ついてしまったり、角質でふさがっていたりすると、体毛(ムダ毛)は皮膚の表面に出てくることができなくなってしまいます。このため、皮膚のなかで、埋没毛になってしまうのです。

 

埋没毛ができてしまったら?

皮膚科

埋没毛は一度できてしまうと、対処がとても厄介です。

 

埋没毛の上に重なっている皮膚は薄く見えるので、ピンセットでほじくりだして抜いてしまう人も少なくなりませんが、自分自身で対処するのは止めた方が良いです。埋没毛を発生させた原因となった毛抜きを、延々と繰り返していくことになり、さらに肌を傷つけてしまいます。

 

埋没毛ができてしまったら、面倒でも皮膚科を受診して、医師の診断を受けましょう。埋没毛ができてしまう負のサイクルを止めるためには、皮膚科でちゃんとした診断と治療を受けるしかありません。

 

埋没毛の予防法

埋没毛の予防法

埋没毛の予防法はシンプルです。

 

とにかく、ムダ毛を抜く系統の自己処理方法を避けることです。

 

毛根を残すかたちの自己処理方法であれば、埋没毛が発生する可能性は下げることができます。カミソリで剃るのは手軽な方法ですが、カミソリで剃ると皮膚もごく薄く削ってしまうことになりますので、アフターケアはしっかり行うようにしましょう。

 

埋没毛が発生してしまう危険性を回避するためには、脱毛クリーム(除毛クリーム)はおすすめです。薬剤の負担はありますが、刃などで肌を物理的に傷つけることはありません。

 

『デリーモ(deleMO)』は、脱毛クリーム(除毛クリーム)をスプレー式にしたものですので、埋没毛の危険性を考えた場合には、じつは一番のおすすめです。

 

スプレー式で有効成分を均一に塗れるため、肌への負担も軽くできますので、埋没毛が発生する危険性を非常に低く抑えることができます。肌の健康を考えると、『デリーモ(deleMO)』のような脱毛スプレーは非常におすすめです。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!