ムダ毛の構造

MENU

ムダ毛の構造

ムダ毛の構造

『デリーモ(deleMO)』は、ムダ毛の自己処理用に使う脱毛スプレーです。『デリーモ(deleMO)』に関心があるなら、ムダ毛の構造についても知っておいた方が良いです。

 

ムダ毛が生えている様子の断面図をもとに、一つひとつの用語を説明して行きますね。

 

毛幹と毛根の区分

まず、ムダ毛、つまり人間の体毛は、見た目上の区分として、「毛幹(もうかん)」「毛根(もうこん)」の2つに分かれます。

 

毛幹は、ムダ毛が毛穴から出ていて目に見えている部分のことを指します。『デリーモ(deleMO)』は、直接的には、この毛幹を溶かすことで、ムダ毛を目に見えなくしようというものです。

 

一方、毛根は、ムダ毛のなかでも毛穴の中にあって目には見えない部分です。ムダ毛も一つの組織と考えると、重要な部分はすべてこの毛根にあることになります。

 

毛根の構造

毛根の一番外側には、「毛包(もうほう)」という袋状の組織があります。毛包が、皮膚の表面に開いた出口が「毛穴(けあな)」です。

 

毛包の奥には、「毛母細胞(もうぼさいぼう)」があります。毛母細胞は、人間の細胞の中でも、もっとも細胞分裂が速い細胞の一つです。このため、ムダ毛は体感できるほど早く伸びていくんですね。

 

毛母細胞の奥には「毛乳頭(もうにゅうとう)」があります。毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り込んで、毛母細胞に伝えています。

 

脱毛サロンなどで行われる脱毛施術は、この毛乳頭を狙って光を照射します。照射した光の熱を毛乳頭に伝えて熱凝固させ、毛母細胞に栄養が行かないようします。こうすると、ムダ毛の成長は止まり、自然に抜け落ちていくのです。

 

毛根になるべくダメージを与えない方が良いです

脱毛サロンなど、専門の脱毛機関で脱毛施術を行う場合は、毛乳頭の働きを止めて脱毛作用を起こすので問題が無いのですが、自己処理する場合は注意が必要です。

 

毛根がふつうに活動しているまま、ムダ毛を抜いてしまうと、図に書かれている毛根部の器官をそのまま引き抜くことになってしまいます。これが肌に対して、大きなダメージになってしまいます。

 

ムダ毛を毛抜きで抜くと、毛根のところにぷよぷよした柔らかい組織が付いていますが、あれは無理やり引き抜かれた毛根部の組織です。組織が引きちぎられるわけですから、痛いのも当然ですね。

 

ムダ毛を抜くと、肌にわざと怪我をさせてしまうような状態になり、炎症などの危険性があります。安全性を考えると、「ムダ毛を自己処理する場合は、毛根はそのまま残る方法方が望ましい」と言えます。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!