薬を飲んだら脱毛NG

MENU

薬を飲んでいたら原則、脱毛は出来ません

薬

脱毛については制約もあるのですが、『薬の服用』もその一つです。

 

医師から薬を処方されてそれを飲んでいる場合、多くの脱毛サロンでは脱毛施術を受けることができませんし、医療脱毛クリニックでも断られるケースが多いです。

 

薬についての対応は、医療脱毛クリニックと脱毛サロン(エステ脱毛)で若干異なります。

 

対応が一番厳しいのは、脱毛サロン(エステ脱毛)です。脱毛サロン(エステ脱毛)では、市販薬についても『飲んだら脱毛施術出来ません』と明言しているところは少なくありません。

 

医療脱毛クリニックは、脱毛サロン(エステ脱毛)よりは柔軟に対応してくれます。医療脱毛クリニックは、要は病院組織ですから、万一のトラブルの際にも自己対応できるということで、許容度については大きめです。

 

薬の中でも、特に注意しなくてはならないのは『ステロイド剤』です。

 

ステロイド剤が脱毛に与える影響

『ステロイド剤』という言葉は聞いたことがある、という人は多いと思います。

 

ステロイドとは、副腎から分泌される副腎皮質ホルモンのことで、ストレスや、外部からのウィルス侵入などさまざまな影響によって分泌され、身体の防御作用を促します。

 

ステロイド剤は、ステロイドを配合して人為的に刺激を与えて、身体を守る働きを活性化する薬です。アトピー性皮膚炎に対して処方される外用薬(塗り薬)などが代表的なものです。

 

ステロイド剤は、効果も大きい分、副作用もあることが分かっています。

 

感染症の危険性

ステロイド剤を服用すると、一時的に免疫力が低下して、感染症の危険性が高まる場合があります。脱毛に関して言うと、自己処理の際に生じた傷や、脱毛施術の刺激などによって、肌が炎症を起こす可能性があります。

 

火傷や色素沈着の危険性

ステロイド剤は光を吸収しやすい性質があります。レーザー脱毛光脱毛など照射した光の熱を用いた脱毛施術方法の場合、火傷のような症状を起こしたり、色素が沈着してしまう危険性があります。

 

多毛化の危険性

ステロイド剤を服用すると、体毛の発毛が活性化する「多毛化」と呼ばれる現象が起こる危険性があります。脱毛している際に多毛化が生じると、脱毛効果が把握しにくくなってしまいます。

 

薬の服用中にはデリーモのような脱毛スプレーが最適

どうしても服用しなければならない薬があって、そのために脱毛施術が難しい場合でも、デリーモのような脱毛スプレーなら綺麗に脱毛処理することができます。

 

症状が治癒したら脱毛サロンに行くつもりだけれど、それまでの間もムダ毛の処理を何とかしたいという場合もありますよね。そんな時には、デリーモのような脱毛スプレーがおすすめです。

 

自分の身体の状態に応じて、何を使って脱毛するか、使い分けていきましょう。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!