脱毛は痛いの?

MENU

脱毛施術は痛いの?

脱毛施術は痛い

『デリーモ(deleMO)』のような脱毛スプレーを使っていても、脱毛サロンとか医療脱毛クリニックでの脱毛施術は気になっている、という人も多いのではないでしょうか。

 

多くの女性が脱毛サロンとか医療脱毛クリニックに通うのをためらう理由に、『脱毛施術って痛いんじゃない?』という気持ちがあるようです。

 

実際のところ、どうなのでしょうか?正直なところをお話ししましょう!

 

まず脱毛を専門に行う機関は、大きくは、ニードル脱毛とかレーザー脱毛を採用する医療脱毛クリニックと、光脱毛を採用する脱毛サロン(エステ脱毛)に分けることができます。

 

それぞれ順に説明して行きます。

 

医療脱毛クリニックは基本的に痛いです

ニードル脱毛とかレーザー脱毛を採用する医療脱毛クリニックは、明らかに『痛い』です。

 

ニードル脱毛の場合は「すごく痛いけれど効果もバツグン」というのが特徴ですから、痛いのは言うまでもありません。痛く無かったらニードル脱毛じゃない!と言ってもいいぐらいに痛いです。

 

微妙なのがレーザー脱毛です。レーザー脱毛は、ニードル脱毛と比べたら痛みのレベルはものすごく軽減されているので、レーザー脱毛を導入する医療脱毛クリニックは『痛くない』ことをアピールするんですよね。

 

でも、光脱毛が登場して生きている今、レーザー脱毛が痛くないとはとても言えない!と当サイトは考えます。

 

その証拠に・・、という訳ではありませんが、医療脱毛クリニックで、レーザー脱毛で全身脱毛をしようとする場合に、完全に麻酔ゼロで脱毛施術を終え切る医療脱毛クリニックはおそらく無いのではないでしょうか。

 

医療脱毛クリニックの麻酔は、麻酔と言っても注射をするわけでは無く、笑気ガスを使った笑気麻酔です。笑気麻酔は、医療用ガスの一種である亜酸化窒素と医療用酸素を用いたもので、幼児が歯医者さんで治療を受けたりする時にも使われるものです。

 

麻酔を使う必要があるということは、やっぱり『痛い』ということだと考えて良いでしょう。

 

脱毛サロン(エステ脱毛)は最新の脱毛器を導入していればかなり痛みは軽いです

脱毛サロン(エステ脱毛)の場合は、最新の脱毛器を導入しているサロンなら、痛みレベルは、レーザー脱毛と比べてもさらに大きく軽減されています。

 

誇大広告の可能性もあるため、無痛とかそれに近い表現を行う脱毛サロンはありませんが、最新の脱毛器を導入しているサロンなら、感覚的には『何かが触れている』というレベルに近くて、VIOなどの感覚的に鋭敏な部位になると『パチッとする』感じになってきます。

 

これは、レーザー脱毛で使われる脱毛器と比べて、光脱毛で使われる脱毛器は大幅に出力が小さい(弱い)ためです。

 

光の出力の単位は、英字のジェイ、J(ジュール)という単位で表されますが、レーザー脱毛器は一般に最大出力が30〜40Jに達します。レーザー光の種類によっては、最大出力が100Jを超える脱毛器もあります。

 

それに対して、光脱毛で使われる脱毛器は、最大出力は高くても6〜7J程度です。この出力差が、痛みの違いとなって現れてくるんですね。

 

もっとも、絶対的な脱毛効果も脱毛器の出力に比例しますから、医療脱毛クリニックを擁護すると、痛みはあるけれど、脱毛サロン(エステ脱毛)よりも脱毛効果が高いことは間違い無いということは言えるんです。この点も忘れずにおさえるようにしてくださいね。

 

最後に注意点ですが、痛みの感覚は個人差が大きいものです。当サイトの記載は、当サイトの取材や、ネット上の口コミ情報などをもとに行っていますが、自分の痛みレベルは自分で実際に確かめるのが一番良いです。医療脱毛クリニックや、脱毛サロン(エステ脱毛)では、無料カウンセリングの際にパッチテスト(照射テスト)をしてもらえるところも多いので、脱毛に通おう!と思ったら、まずはテストで確認してみることをオススメします。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!