妊娠中は脱毛NG

MENU

妊娠中は脱毛できません

妊娠中

妊娠中は脱毛できません。

 

これは、タトゥー(刺青)があると脱毛できない場合と違って、原則として脱毛方法を問わず同じ対応と考えて良いです。

 

レーザー脱毛光脱毛だけでなく、ニードル脱毛も原則として行われることはありません。

 

妊娠していると脱毛施術ができないのは、大きく2つの理由があります。

 

妊娠中には脱毛できない理由

妊娠によるホルモンバランスの崩れ

妊娠中には脱毛できない理由の一つは、妊娠中はホルモンバランスが大きく変動するため、脱毛効果が安定しないことがあげられます。安定しないというのは、具体的には脱毛施術を行っても、ムダ毛が再発しやすいということです。

 

ホルモンバランスの重要性でも説明しましたが、ムダ毛の発毛にはホルモンバランスが大きく影響しています。あえて効果が期待できない時期に脱毛施術を行う意味は無いという考え方があるわけです。

 

脱毛の刺激による妊娠への影響

一般的には、どのような方法を採用しても、脱毛施術が妊娠中の胎児に影響を与えることは無い、と言われています。

 

それでも、脱毛施術は母体には影響を与えるわけです。レーザー脱毛とか光脱毛の光は身体への刺激になりますし、もちろん痛みも大きな刺激になります。ニードル脱毛のような痛みの強い脱毛方法だと、この影響は大きいと言えます。

 

光の刺激とか、痛みによる刺激が母体に影響を与えて、万が一にも早産を促してしまうなどの影響を避けるためにも、原則として妊娠中は脱毛施術を行わないことになっています。

 

誤解の無いように記載しておきますが、妊娠中の脱毛は、法律上の違法行為という訳ではありません。脱毛を行う専門機関の判断として、『妊娠中は脱毛施術を行わない』ということが統一した慣例になっているという状況です。

 

妊娠中でもデリーモなら脱毛できます

デリーモのような脱毛スプレーなら、妊娠中でも脱毛に使うことができるんです。

 

妊娠中は、レーザー脱毛、光脱毛からニードル脱毛まで、あらゆる脱毛施術方法が行えないので、どうしよう!?と思ってしまいますよね。妊娠は必ずしも計画的に実現できるものでもありませんし。

 

そんなとき、妊娠中の脱毛に、デリーモのような脱毛スプレーは非常に役に立つと思います。ムダ毛を剃ると、身体をひねったりなど余分な力が加わってしまう場合もありますが、デリーモならシュッと吹き付ければムダ毛が溶けてくれますので、身体に余計な負担を掛けずに済むんです。

 

もし妊娠していて、脱毛方法に困っていたら、デリーモを候補に考えてみることをオススメします。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!