ムダ毛の自己処理方法

MENU

ムダ毛の自己処理方法の基本

ムダ毛の自己処理

『デリーモ(deleMO)』は、ムダ毛の自己処理を助けてくれる脱毛スプレーですが、もちろんムダ毛の自己処理方法は他にもたくさんあります。

 

それでも、ムダ毛の自己処理方法を分類すると、大きくは2つに分かれると考えて良いんです。

 

1つはムダ毛を抜いてしまうことで、もう1つは剃るとか、溶かすとかでムダ毛を途中でカットする方法です。

 

2つの方法の大きな違いは、毛根部が残るかどうか?ということです。毛根部を取り除いてしまうことは、肌へかかる負担がとても大きいので、「自己処理方法としては、毛根部を残す方法が良い」ということが基本ルールです。

 

ムダ毛、つまり人間の体毛には、見た目上、毛幹と毛根という区分がありますが、これについてはムダ毛の構造を参考にしてください。

 

脱毛サロンなど専門の脱毛機関での脱毛施術の場合は状況が違います。脱毛サロンでは、照射する光の熱で、毛乳頭にダメージを与えて、毛根部の活動を止めてしまいます。こうすると、脱毛施術後の数週間でムダ毛が自然に抜け落ちてきます。

 

自己処理でムダ毛を抜いてしまうのは、毛根部が生きたまま無理やりムダ毛を引き抜いていしまうことになるので、肌にかかる負担が大きく、基本的にNGですよと、そういうことなのです。

 

毛抜きを使うのはできるだけ避けましょう

毛抜きを使うのはできるだけ避ける

「毛抜きを使うのはできるだけ避けた方が良い」これはぜひ、覚えておいてください。脱毛サロンに通うと必ず言われることです。

 

もちろん毛抜きは、このムダ毛1本を抜こう、という時には便利なので、絶対に使わないで、という意味ではありません。

 

腋毛とか、脛毛とかの、ちょっと広い部位を毛抜きだけで全部自己処理するのは止めた方が良いと、そういう理解で良いと思います。

 

毛抜きと同じ種類の自己処理方法には、脱毛ワックスとか脱毛テープなどがあります。共通するのは、「とても痛い」ということですね。

 

痛みは神経から発せられる警告ですから、基本的に「痛い自己処理方法は避けた方が良い」と考えていた方が良いですよ。

 

ムダ毛は途中でカットする方が良いです

カミソリ

ムダ毛の自己処理方法として適しているのは、毛根部は残したまま、ムダ毛を途中でカットしてしまうことです。

 

途中でカットする方法には、いくつか種類があります。

 

剃って刃でカットするなら、カミソリとか電気シェーバーとかになりますし、薬剤で溶かすなら、脱毛クリームとか除毛クリームになります。

 

『デリーモ(deleMO)』は基本的に、脱毛クリーム(除毛クリーム)をスプレー式にしたものですから、こちらの分類に入ります。

 

カミソリとか電気シェーバーの課題

脱毛サロンに通うと、自己処理方法としては、基本的にカミソリまたは電気シェーバーで剃ることをすすめられることが多いです。肌への負担が比較的少ないのと、刃の面で処理できるので、広い部位でも効率的に自己処理できることが理由です。

 

ただ、肌への負担が少ないと言っても、剃る方法の場合は、ごく薄くですが肌を削ってしまいます。ここが肌のトラブルの原因になってしまう場合もあるんです。

 

その一方で、脱毛クリーム(除毛クリーム)だと、肌を削るということはまったく無いのですが、チオグリコール酸カルシウムを活性化させるために、比較的強いアルカリ剤が配合されていて、それが肌の負担になるというところがあります。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』のメリット

『デリーモ(deleMO)』は、成分的には脱毛クリーム(除毛クリーム)のメリットを活かしつつ、スプレー式で均一に塗れるメリットを活かして、肌への刺激が少ない成分だけで構成されています。

 

こうして考えると、『デリーモ(deleMO)』は、ムダ毛の自己処理方法としては、かなりメリットが大きいことが分かりますね。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!