タトゥー(刺青)は脱毛NG

MENU

タトゥー(刺青)があると脱毛できません

タトゥー(刺青)

タトゥー(刺青)があると脱毛できない、と言われます。

 

正確に言うと、タトゥー(刺青)があると、レーザー脱毛とか光脱毛のような照射した光の熱を用いるタイプの脱毛施術方法は、施術出来ないということなんです。

 

理由は、レーザー脱毛とか光脱毛の脱毛を起こす原理にあります。

 

レーザー脱毛とか光脱毛は、照射した光の熱を、ムダ毛の黒色のメラニンを介して毛根部に伝えて、毛根部の毛乳頭を熱凝固させて脱毛効果を得るのですが、メラニンだけでなく、肌の色の濃い部分にも反応してしまうためです。

 

ごく分かりやすく言うと、レーザー脱毛とか光脱毛の光を照射すると、タトゥー(刺青)を入れている部位も熱せられてしまい、火傷のような状態になってしまいます。

 

それでは、タトゥー(刺青)を入れている場合はどうやって脱毛したら良いのでしょうか?

 

タトゥー(刺青)を入れている場合はニードル脱毛しかない

ニードル脱毛

タトゥー(刺青)を既に入れてしまっている場合は、ニードル脱毛しか方法はありません。

 

ニードル脱毛は、針脱毛とも訳されることから分かるように、ムダ毛の毛穴に直接、電気針を刺し込んで、高圧電流を流して毛乳頭を焼き切る脱毛施術方法です。

 

毛穴が開いて入れば脱毛施術できるという自由度の高さが特徴です。

 

ただし、非常に痛くて、非常に高価です。もちろん麻酔は必須です。ニードル脱毛があまりにも痛くて高いから、レーザー脱毛が登場するまでは、脱毛施術を受けることは一般的にならなかったんですね。

 

こう考えると、かなりハードルは高いです。

 

タトゥー(刺青)を入れる前に脱毛する方法はあるかも

レーザー脱毛になると身体の負担はかなり楽になりますし、光脱毛になるとさらに一層、楽になります。

 

タトゥー(刺青)を入れる前に、レーザー脱毛とか光脱毛を行っておく、というのがトータルで考えると最も良い選択肢のように思います。

 

タトゥー(刺青)を入れる時に、計画的に考えるということも難しいかも知れませんけれども、『タトゥー(刺青)を入れる前に脱毛しておかなくて大丈夫?』と、一旦立ち止まって考えることができればそれが最善では無いかと思います。

 

タトゥー(刺青)を入れていてもデリーモなら大丈夫

タトゥー(刺青)を入れていても、デリーモのような脱毛スプレーなら問題なく脱毛できます。

 

もちろん、デリーモは、ムダ毛の自己処理の一つに分類される脱毛スプレー(除毛スプレー)ですから、永続的な効果は難しいところはありますが、時折ムダ毛の処理をするには最適です。

 

既にタトゥー(刺青)を入れてしまっていたら、まずはデリーモのような脱毛スプレーでムダ毛の自己処理をしておいて、その上で今後の対応を考えてみると良いのでは無いかと思います。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!