硬毛化・増毛化とは

MENU

硬毛化・増毛化とはそもそも何でしょうか?

硬毛化

硬毛化とは、細い毛や産毛を脱毛した時に、その細い毛や産毛が、太く黒くなってしまう現象です。

 

増毛化とは、細い毛や産毛を脱毛した時に、これまで発毛していなかった毛穴からも毛が生えて、ムダ毛が増えたように見えてしまう現象です。

 

発生する頻度は高くはなく、ごくまれに発生する症状と言われています。数値的には1%前後と言われていますが、脱毛サロンとか医療脱毛クリニックで脱毛施術を受けるなら知っておきたいリスクの一つです。

 

また、硬毛化・増毛化は、レーザー脱毛と光脱毛に特有の現象で、ニードル脱毛では発生しません。

 

硬毛化・増毛化の原因

硬毛化の原因

硬毛化・増毛化の原因は残念ですが、まだはっきりとは分かっていません。

 

有力な仮説としては、レーザー脱毛や光脱毛で照射した光の刺激で、細い毛や産毛の毛根が活性化されてしまうのではないか、というものです。

 

レーザー脱毛や光脱毛では、照射した光の熱で明らかに黒くて太いムダ毛は脱毛させることができますが、メラニンが薄い細い毛や産毛に対しては脱毛効果を発揮することができず、毛根部が残ってしまう場合があります。

 

硬毛化は、こうして残った細い毛や産毛の毛根部が、脱毛してしまった周囲のムダ毛の機能をカバーしようとして、逆に活性化してしまうことで生じるのではないか。

 

増毛化は、レーザー脱毛や光脱毛の光の照射で、これまで発毛していなかった毛根部が活性化して、新しくムダ毛が生えてきてしまうのではないか。

 

現状では、硬毛化・増毛化の原因として、この仮説が有力視されています。

 

硬毛化・増毛化が起きやすい部位

硬毛化が起きやすい部位

硬毛化・増毛化がおきやすい代表的な部位は、うなじ、背中(特に上部の肩甲骨あたりまで)、肩や二の腕です。

 

これらの部位には、細い毛や産毛が多いという共通点があります。また、顔のフェイスライン周辺のように皮膚が薄い部位も、硬毛化がおきる可能性があります。

 

また、硬毛化・増毛化は、気が付くのに一定の時間がかかるという特徴があります。

 

レーザー脱毛や光脱毛で照射された光の影響で起こるものですので、脱毛施術してから1か月後から3か月後ぐらいまでの間に気が付くものです。

 

もちろん医療脱毛クリニックや、脱毛サロンでも経過観察はしていますので、継続的に通っている人なら、医療脱毛クリニックや、脱毛サロンの側でも把握してくれます。

 

硬毛化の対策

硬毛化の対策

硬毛化・増毛化の対策の基本は、異なる種類の光を当てることです。


医療脱毛クリニックで使用されるレーザーは、大きく分けて次の3種類です。
・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ロングパルスヤグレーザー

 

 

ほとんどの医療脱毛クリニックでは、複数のレーザー照射機が採用されていますので、患者の状態に合わせて使うレーザーを変えて施術することで対応することができます。

 

光脱毛を採用した脱毛サロンでも、複数の異なる脱毛器を用意しているところが多いのですが、そもそも光脱毛には出力の幅に制限(上限)があるものですので、柔軟性という意味では、医療脱毛クリニックのレーザー脱毛には及びません。

 

両者の違いは、レーザー脱毛とは、およびで光脱毛とは、で説明しましたので、参考にしてみてください。

 

医療脱毛クリニックは、そもそもが医療機関、病院組織ですので、トラブル時の対応では明らかに医療脱毛クリニックの方が優れています。

 

万一の硬毛化・増毛化のリスクを考えた際には、専門の脱毛機関としては医療脱毛クリニックがおすすめです。

 

脱毛スプレー『デリーモ』は、ムダ毛を溶かすものですので、こうした硬毛化・増毛化のリスクは比較的に少ないと考えられます。デメリットが少なく活用できるのは、脱毛スプレー『デリーモ』の大きな長所です。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!