紫外線対策(UVケア)の重要性

MENU

脱毛するなら紫外線対策(UVケア)は気を付けよう

紫外線対策(UVケア)

脱毛している時には、紫外線対策(UVケア)には普段以上に気を付ける必要があります。

 

そもそも過度の日焼けは肌のためにも良くないものですが、医療脱毛クリニックとか脱毛サロンでは、日焼けが酷い場合には脱毛施術を行うことができないんです。

 

タトゥー(刺青)は脱毛NGと同じ理由で、肌の色が一定以上に濃い部分は、照射する光が反応してしまい、火傷のような状態になるからです。

 

医療脱毛クリニックとか脱毛サロンでは、必ず無料カウンセリングが一番最初にあるのですが、実はこれは脱毛施術が行えるかどうかの面談チェックも兼ねています。無料カウンセリングの段階で、あまりに日焼けが著しい人は、「脱毛できません」とお断りされてしまいます。

 

医療脱毛クリニックとか脱毛サロンでは、脱毛施術が完了するまでに2年ぐらいの時間はふつうに必要になってくるのですが、この間、「過度の日焼けは禁止」という制限が続くことになります。

 

こういう事情もあって、『脱毛している時は紫外線対策(UVケア)に十分気を付けよう』と言われるのです。

 

ムダ毛の自己処理にも過度の日焼けは悪影響

日焼け

医療脱毛クリニックとか脱毛サロンに通っておらず、ムダ毛の自己処理を行っているという場合にも、過度の日焼けは悪影響を与えます。

 

ムダ毛の自己処理は、何かしら肌に負担を与えるものです。

 

過度の日焼けをしてしまうと、ダメージを被った肌に、さらにムダ毛の自己処理でダメージを蓄積して行くことになりますので、できるだけ避けた方が良いのですね。

 

ただ、肌に与える負担は、ムダ毛の自己処理はかなり軽い方ではあります。図に表すとこのような感じになります。

 

(負担大)ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛 ・・・・・・ >自己処理(負担小)

 

ただし、医療脱毛クリニック(ニードル脱毛、レーザー脱毛)とか、脱毛サロン(光脱毛)は、脱毛施術を行っている期間が過ぎれば、肌への負担がほぼ無い、ムダ毛処理をしなくて良い状態に到達できる可能性があります。

 

一方で、ムダ毛の自己処理は、専門の脱毛機関での施術に比べると、一回当たりの肌への負担は少なくて済むけれど(脱毛施術しなければ)永遠に肌への負担が続くことになります。

 

デリーモのような脱毛スプレーは日焼け肌にも最適?

デリーモのような脱毛スプレーは、ムダ毛の自己処理方法のなかでも、とくに肌への負担が少なくて済むものです。カミソリのように肌を削ってしまう危険性もありませんし、毛抜きのように毛穴を傷めてしまう危険性もありません。

 

デリーモのような脱毛スプレーは、ムダ毛を溶かすものなので、主成分のチオグリコール酸カルシウムが自分の肌に合わない場合は使用が難しいこともありますが、パッチテストで問題が出なければ、最も肌への負担が低くて済む方法です。

 

日焼け肌でもムダ毛処理しなくてはならない場合は、デリーモは有力な選択肢になると思います。

 

脱毛スプレー『デリーモ(deleMO)』について紹介しています。デリーモに興味がある方は、トップページから詳細を確認してみてください。脱毛関連の情報なども順次追加しています!